WE
カートを見る

新しい和紙のかたち

兵庫県の歴史ある和紙、杉原紙に日本古来から伝わる天然染料・柿渋を幾重にも塗り重ねて、一見すると紙とは思えぬ独特の質感と耐久性を持つ鞄に仕上げています。

こちらのタイプはスマートフォンや財布、キーなどの小物類を入れるのにぴったりのクラッチバッグ。 ちょっとしたお出かけに、アクセサリー感覚でお使いいただけます。

【Washable】
楮と呼ばれる植物100%の和紙を使用しており、昔ながらの製法で破れにくく水に強い加工を施しております。
やさしく水での手洗いをしていただいたり、アイロンをかけていただくこともできます。
※洗剤は使用不可です。 強い力で揉み洗いしたり、固く絞りすぎると破れることがあります。

柿渋とは色づく前の青い渋柿をつぶして、絞った液を約2年間発酵させたもの。この古来から伝わる天然染料を何度も塗り重ね、太陽の光にあてると鮮やかな「柿渋茶」という独特の色味と風合いが生まれます。柿渋に含まれるタンニンには、防腐、防虫、防水などの効果があり、染めるたびに素材の強度を高める力があります。

黒い色の方は、そこからさらに古くから草木染めに発色に用いられている媒染という手法で、鉄と反応させることにより黒く発色させています。

時が経つにつれ、変わっていく色味や質感はあなたの個性として刻まれ、さらなる愛着が生まれます。

【帋屋】

兵庫・明石の小さな工房で、兵庫県の重要無形文化財であり、伝統的工芸品に指定されている杉原紙を使ったバッグを生産しています。帋屋には、日本の優れた職人の技術とモノづくりの精神、ひとつのものを大切に長く使う文化が宿っています。

【商品名】
CLUTCH BAG
【寸法】
高さ約30(畳んだ時17)×幅約23×マチ約5cm
【素材】
和紙、柿渋
【ブランド】
帋屋
【注意】
手作りの為、ひとつひとつ色合い、光沢、大きさが若干異なります。予めご了承ください。
  • 18,000円(税込19,440円)
カラー